写真や動画を活用する

イメージを伝えるならやっぱり写真

メール配信では読者がメール文を読んでいきますが、的確に伝えたい内容がある場合は、写真を使うと理解に役立ちます。たとえば、アクセスやお店の情報などは写真を入れることができると、言葉で表現するよりも読者にとって伝わりやすいでしょう。また、メール配信では文章が長くなりがちなので、写真を見出しと本文の間に入れると読みやすくなるという効果も期待できます。文章の中に写真が入っているか、いないかによって読者の理解に差が出ることもあるので、写真を活用すると親切であるともいえるでしょう。メールをスクロールしたときに写真があると目にも留まりやすく、読者の関心を引き寄せることができます。写真は読者に楽しんでもらえる効果もあるので、メール配信でよく使われています。

メール配信では動画も活用しよう

メール配信では、動画のリンクを貼って視聴するという方法も読者に楽しんでもらえる方法の一つです。たとえば、場所の様子や、レクチャーなどは文章で説明するよりも動画を見た方がわかりやすいというメリットがあります。もし、行楽地の様子を伝えたいという場合は、メール配信のメールに貼られた動画のリンクをクリックして見る方が、細かく書かれた長文のアピールポイントを読むよりも読者にとって、より理解しやすいでしょう。何かについて読者にレクチャーをする場合も、動画を使って丁寧に説明すると、読者が見ながら理解できるという利点があります。また、見逃した場面をまた再生することができるという点も、動画を使うメリットといえます。

メール配信APIにすると、外部に用意したシステムと連携させることができます。顧客や会員情報のデータベースを活用するときに便利です。