サービスや商品の宣伝になる

メールアドレスを戴いたお客様にはリピーターを期待できます。

メールを配信するには確かな配信先のアドレスを確保しなくてはなりません。一番確実なのが、商品を購入された時に個人情報と共にメールアドレスとお名前を戴くことです。一度来店された方のアドレスですから、配信しても読まずにゴミ箱という可能性は少ないはずです。一度購入された商品のバージョンアップ、または新商品のご紹介など、企画ができたらその都度配信させてもらうのです。その効果は未知数ですが、少なくても第三者から入手したメールアドレスよりは、自力で作り上げた顧客リストの方が期待できます。メール配信がなかった時代には、同じように顧客リストを製作しても、DM発送か電話でのご連絡となり、ご連絡にも予算が必要でした。パソコンやスマートフォンが一般化したことにより、その分顧客サービスに予算や時間をかけることができます。手元で確認してもらえるメールはお客様にリピーターとなってもらえる可能性が高いのです。

丁寧なメールは信用を得ることができます。

お客様から戴いた連絡先であるメールアドレスは、当方からお客様へ連絡ができるチャンスです。その文面に誤字脱字は決して許されるものではありません。担当者・または会社を代表して配送している文面なのですから、そこに不備があってはお客様に対して失礼ですし、会社の失態ともいえます。お客様への配信は企画・計画をもって、行うことが大切です。闇雲に、何のメリットもないのに配信しても意味のないものになってしまいます。配信時はお客様のメリットになるようなお知らせや情報をご案内しなくてはいけないのです。企画があれば、いきなりすべての情報を発信するのではなく、ステップ1・2・3と段階をつけて数回に分けて配信するとか、誘導しながらのメール配信も可能です。どのような場合でもメール本文は真面目で丁寧な内容でなくてはいけません。大切に、気持ちを込めて配送したメールは好感度があり、宣伝として効果が期待できます。